スピーチ大会

2月26日、日本語科ではスピーチ大会が開催されました。
卒業間近の学生たちにとって、メトロでの日本語学習の総決算ともいえる発表会です。

ラメシュさん
「日本に来て変わったこと}

 「少し失敗した」とのことですが、声もしっかりでていて、堂々と発表できていました。

タインさん
私を変えた言葉

すこし緊張したかな。これからも自信をもって、日本語の勉強を続けてください。Yes, you can!

サンジュさん
最近一番感動したこと

このスピーチをやりとげたことが「最近一番感動したこと」になったかな。これからもたくさんの感動に出会えますように。

ビシャルさん
2021年の抱負

 手振り身振りも交えたプレゼン力が素晴らしかった。
審査員特別賞、おめでとう!

タイさん
人とコミュニケーションをするとき、大切にしていること

 難しいテーマでしたが、体験談を通じて、伝えたいことを上手に伝えていました。

ラジャンさん
2020年の一番よかった思い出

 ラジャンさんの優しい人柄がよくでていました。京都に行っても、すぐに友達ができますよ。

フルバさん
環境問題を解決するために、個人にできること

 環境問題について、よく調べて、主張もきちんと述べられました。
最優秀賞、おめでとう!

 うまくできたと思っている人も、すこし失敗したと思っている人も、「人前で自分が伝えたいことを伝える」という経験は、これからいろいろな場面で役に立つはずです。
 原稿書きから始まって、暗唱、そしてスピーチ全体のブラッシュアップまで、よく頑張りました。お疲れ様でした。


カテゴリーNEWS