寺町

今回は、長崎紹介です。長崎には、「寺町」呼ばれる一画があります。
風頭山の麓に、なんと2社14寺が集まっています。

江戸時代に異教とされていた、キリスト教に対抗するために、多くのお寺が一か所に集められた、という説もあるようです。

1600年代に建てられた寺がほとんどという、300年以上の歴史が感じられる場所です。名所ではありますが、観光客が大挙して押しかけるところでもなく、普段は静かな佇まいの町です。メトロITビジネスカレッジから、伊勢町の寮へ向かっていく途中ですから、徒歩でも十分訪れることができます。一人で散策するのもいいですよ。